文字サイズ

画面色

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る対応について(11.20更新)

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関し、令和2年11月17日より札幌市における警戒ステージが「4相当」となっております。11月19日付で札幌市より「感染拡大防止策を講じてもなお感染リスクの回避が困難と考えられる場合は、キャンセル料に関する返金対応等を行う」旨の通知がありました。

これらを踏まえ、札幌エルプラザ公共4施設では、以下のとおり対応いたします。

〇指定管理施設における施設利用の運用について

(1)施設運営・利用時の注意点

・現時点では施設利用に関する自粛要請等は行っていません。

・施設利用を継続しつつ、これ以上の感染拡大を防止するために、施設利用の皆様には、国が定める イベント等における感染拡大防止ガイドライン や、新北海道スタイル札幌エルプラザ公共4施設をご利用の皆様へ、などの徹底のご協力をおねがいします。

・下記(3)の活動で(4)の例示にあるような、感染拡大防止策を講じてもなお感染リスクの回避が困難と考えられる場合は、キャンセルに関する返金対応等を行うこととします(自己都合による施設利用のキャンセルにおいては、返金の対象になりません)。

(2)対象施設

男女共同参画センター有料貸室、環境プラザ有料貸室

(3)対象の活動

サークル活動等、ただしイベント(参加者を広く募集して行う活動)を除く

※イベントは国が定める「イベント等における感染拡大防止ガイドライン」においても変更がないため対象になりません。

(4)感染拡大のリスクがある施設利用例

・密閉された屋内において、人との距離を十分に保つことが困難な長時間の会合

・参加者の年齢・人数、利用目的の形態等から、感染予防策を講じても、感染拡大のリスク回避が困難と考えられるもの

(5)対象期間(施設利用日)

令和2年11月17日(火)~11月27日(金) 

※ただし北海道の警戒ステージ等の変動に応じ、延長する場合があります

(6)利用日変更及びキャンセルに伴う返金方法について

  (5)の対象期間の利用予約をされている方で、(4)の例示の理由で有料貸室の利用日変更又はキャンセルを希望する場合は、11月27日(金)20時までに札幌エルプラザ総合案内(011-728-1222)もしくはお問い合わせフォームで、あらかじめご連絡ください

  <利用日変更の場合>

 ・現在は11月時点で予約可能な期間への変更ができます。

・12月1日以降に予約可能な期間(~令和3年3月末日までの期間)への変更を希望する場合は、12月1日(火)14:00~12月28日(月)まで受付いたします。

・ただし、変更後の日程をキャンセルする場合は返金の対象外となります。

・その他詳細はお問い合わせください。

  <返金の場合>

後日「返金申出書」を送付しますので、必要事項を記入いただき期日までにご返送ください。振込手数料を差し引いた金額を振込いたします。

※現在、施設利用に関する自粛要請等はされていないことから、お客様の判断で有料貸室の利用をキャンセルする場合は、振込手数料を差し引いた額を返金させていただきます。

  

上記の対応については、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや、国や北海道などの動向を見ながら、変更になる場合があります。

ご不便をおかけいたしますが、感染拡大防止と速やかな事態の収束のために、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。