さっぽろ女子、仕事を語る。 vol2

札幌の女性ロールモデル集

女性は出産や育児、介護など、さまざまライフステージに応じて生きています。その過程では、仕事を続けたくても続けられない、もしくは新しいことに挑戦してみたいが踏み出せないなど、迷い悩むこともあるでしょう。ときには、自分の意志より家族を優先して、なにかを諦める人もいるかもしれません。
本冊子では、ロールモデルとして、札幌で活躍する女性たちを紹介しています。仕事の取り組み方や子育て、家族に対する考え方などをインタビューしていますので、自分らしく生きるヒントのひとつにしてください。

ロールモデルとは?

英語で『Role Model』 ロール=役割 モデル=規範。
あなたにとって具体的な行動や考え方のお手本となる人物のことを意味します。人は無意識のうちに『あの人のようになりたい』というロールモデルを選び、その影響を受けながら成長するといわれます。
この冊子を手に取りあなたのロールモデルを探してみませんか?

札幌がもっと女性が働きやすい待ちになるために…!

今回のロールモデルでは、企業や組織の中で活躍する女性、そして起業して活躍する女性のロールモデルをご紹介しています。
しかし、札幌全体でみると、企業における女性管理職の割合は全国の政令指定都市と比較して少ないといえます。また、起業する人における女性の割合は全国の政令指定都市の平均程度となっています。

女性ならではの感性やコミュニケーション能力など潜在的な力をいかすことで、経済社会や地域社会の活性化に繋がります。
女性の地位向上や自分らしい生き方を実現することにもなるように、女性が働き続けるための環境整備や地域における啓発などに取り組んでいます。

総務省「平成24年就業構造基本調査」より作成。

8の質問インタビュー

特集

写真をクリックすると各インタビューの詳細が開きます。(PDF・YouTube)

さっぽろ女子仕事を語る

バックナンバー

ページトップへ